[PR]

 広島のキャンプを訪れた。私が長年通った宮崎県日南市の天福球場。緒方監督が唇をギュッと引き締め、「今年は頑張ります」と力強く言ってくれた。私が現役最後の年にルーキーとしてグラウンドに現れた彼は、監督として2年目を迎える。今年はやってくれるだろう。

 さて、広島の戦力はどうなのか。まず、三塁手に元中日のルナ、そして投手ではジャクソンを獲得。大きな補強と言っていいだろう。さらに投手ではヘーゲンズ、打者ではプライディが入ってきた。この2人の加入がどう作用するのか、楽しみだ。ここ何年か外国人選手が故障して苦しんだだけに、彼らのような存在は「保険」として大きな意味を持つからだ。

 今年の戦いに必要な選手を考えると、捕手に石原、会沢、一塁にエルドレッドと新井。二塁が菊池と安部、三塁はルナと梵、堂林に頑張ってもらう。そして、遊撃は田中、小窪。明日のために美間も使ってみたい。

 外野手には中堅に丸、右翼に鈴木、左翼に松山。サブが赤松、野間、天谷も使いたいところだが、ベンチ入りの枠を考えると、捕手も磯村を入れる手もあって悩ましい。故障者を出さないように使いたいというのが本心だ。

 さて、肝心の投手陣。今年はどうしても前田が抜けたことでマイナスのイメージが強いのだが、これは忘れよう。考えても仕方がないから。

 ただ、うれしいことに、ドラフト1位入団の岡田(大商大)が実にいいボールを投げていた。まだキャンプは始まったばかりだけに、どうこう言うのは早いが、素晴らしい投手になる予感がする。すぐに前田の代わりは務まらないが、追いつく可能性を感じさせるのだ。そこに昨季大活躍のジョンソン、黒田、福井。もうひと頑張り欲しい野村、ファンの期待が集まる大瀬良。これで6人の先発投手がそろう。

 中継ぎに今村(本当は先発で使いたい)、一岡、中田、九里をあて、抑えの中崎につなぐ投手にジャクソンが使えるとうれしい。3月のオープン戦でテストしたい。

 左投手には奮起を促したい。戸田、中村、新人のオスカル、久本らが使えると幅が広がると思う。

 今年もセ・リーグは混戦になるだろう。ずば抜けているチームは見当たらない。どこまで優勝という目標を諦めずに追いかけることができるかが問われるシーズンだ。そんな印象を受けた日南キャンプだった。(朝日新聞社嘱託 衣笠祥雄)

こんなニュースも