[PR]

 週明け8日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が大幅に値下がりした。終値は前週末より177・92ドル(1・10%)安い1万6027・05ドル。取引時間中の下げ幅は一時、前週末比で400ドルを超えた。(ニューヨーク=畑中徹)

こんなニュースも