[PR]

 9日午前1時50分ごろ、滋賀県湖南市中央4丁目のスナックで、同市中央2丁目の塗装工石部敏和さん(47)が、居合わせていた同市中央2丁目の会社員安井龍義容疑者(37)に包丁で胸と腹を刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。安井容疑者も自分の首を刺し自殺した。2人とも失血性ショックだった。県警は安井容疑者を被疑者死亡のまま殺人の疑いで書類送検する。

 甲賀署によると、2人は店の常連で顔見知り。9日午前0時ごろに相次ぎ来店し、酒を飲んでいた。午前1時ごろ、安井容疑者が「なんでお前は上から目線なんだ」などと言って石部さんと口論になり、一度店を出た。約50分後に刃渡り約30センチの包丁を持って店に戻り、石部さんを刺したという。当時、店には2人のほか従業員が3人いたが、けがはなかった。