[PR]

 衆院本会議は9日午後、「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議」を採択した。決議は「今回の発射は一連の国連安保理決議および日朝平壌宣言に違反する」として、「断じて容認できず、厳重に抗議し、強く非難する」と表明。北朝鮮に対し「弾道ミサイルの開発を直ちに断念するよう強く求める」とした。

 その上で、日本政府に対し「新たな制裁措置を含む安保理決議が早急に採択されるよう、関係国と連携し早急な折衝を加速させる」ことを要求。また、「独自の対北朝鮮制裁措置をとることを通じて、北朝鮮による核・ミサイル・拉致問題の早急かつ包括的な解決を図る」ことも求めた。

 参院本会議も9日夕、同様の決議を採択する。

こんなニュースも