[PR]

 旭化成建材による杭打ち工事のデータ偽装問題で、親会社の旭化成は9日、社内調査委員会による中間報告書を公表した。社内の一部でデータ偽装が認識されていたが、「レアケース」として軽視され、昨年10月に横浜市の傾いたマンションで問題が発覚するまで抜本的な原因究明と対策の実施が行われなかった。

 報告書によると、横浜市の問題が明らかになる前、旭化成建材の営業部長と工事課長は2件のデータ偽装について報告を受けた。しかし、2人は杭打ち現場にデータ偽装が広がっているとは想定せず、レアケースと判断し、上層部への報告や社内での情報共有をしなかったという。

 また、報告書は全国360件に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら