[PR]

 9日の東京債券市場で、長期金利の指標となる、新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが一時、マイナス0・005%をつけ、初めてマイナスになった。長期金利がマイナスになるのは、スイスに次いで2カ国目。