欧米株の下落を受けて全面安で始まった9日の東京株式市場は、午後の取引時間に日経平均株価が一時、前日終値より900円超下落した。投資家がリスク回避に動いて、安全資産とされる円が買われ、1ドル=114円台前半まで円高が進んだ。東証1部銘柄の9割超が値下がりしている。

こんなニュースも