[PR]

 危険ドラッグを製造したなどとして、東京地検は9日、NHKアナウンサー塚本堅一容疑者(37)=東京都文京区=を医薬品医療機器法違反の罪で略式起訴したと発表した。東京簡裁(松尾憲治裁判官)は同日、罰金50万円の略式命令を出した。

 発表によると、塚本容疑者は1月6~8日、自宅で材料を配合して指定薬物である危険ドラッグ約6・4ミリリットルを製造し、10日には自宅で約5・1ミリリットルを所持したとされる。

 塚本容疑者は平日夕方の情報番組「ニュース シブ5時」でリポーターを務めていた。NHKは「今後厳正に対処します」とコメントした。