[PR]

 東日本大震災で被災した千葉県内の製油所の工事などを請け負って業績を伸ばした塗装会社「住建管理工業」(同県袖ケ浦市)が約3億1千万円の所得を隠し、法人税約8300万円を脱税したとして、東京国税局が同社と尾崎尚之社長(63)を法人税法違反容疑で千葉地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、同社は震災でガスタンクが爆発、炎上したコスモ石油千葉製油所(同県市原市)の塗装工事などを受注。2014年2月期までの2年間、取引先にうその請求書を作らせ、架空の外注費を計上し、所得を少なく見せかけた疑いがある。得た資金は尾崎社長の自宅や貸金庫で保管していたという。

 民間信用調査会社などによると、同社の売上高は2014年2月期で約9億4千万円。震災前の11年同期から約4倍に伸ばした。