[PR]

 大阪市の吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)は9日、市営地下鉄・バス民営化の要となる交通局長の交代人事を発表した。市の担当幹部に伝えたのは、発表当日の午前中だった。

 退任するのは元京福電鉄副社長で、民営化を視野に橋下徹前市長に登用された藤本昌信氏(60)。外郭団体運営の売店をコンビニに切り替え、トイレの改装や終電延長などサービス改善に取り組んだ。3月で4年の任期が切れるが、市の公募に応じ、続投の意思を表明。吉村氏も「経営能力が高い」と評価していた。

 しかし知人の業者との随意契約問題で昨年3月に減給処分を受け、公明、自民、民主系、共産の4会派が辞職を要求。吉村氏は今月16日に民営化に向けた基本方針案を提出する予定で、可決に向け、議会へ配慮する必要があった。

 維新以外の他会派の幹部は吉村氏に「議会の意思を尊重すべきだ」「続投なら民営化は遠のく」と警告。吉村氏も他の公募人事は8日までに決めたが、交通局長のみ留保していた。

 吉村氏はこの日、「辞職を受け…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも