[PR]

 東京都小笠原村の母島で生産されたカカオを使ったチョコレートを、2018年をめどに発売する、と埼玉県草加市の平塚製菓が9日発表した。

 チョコレートの原料となるカカオは、赤道に近い地域でしか生産できないとされる。しかし、平塚製菓は5年ほど前から、小笠原の委託農家と協力して栽培方法の研究を始めた。ハウスなどを工夫し、16年は500キログラム、17年には2トンが収穫できるめどが立った。カカオ70%の場合、板チョコ7万枚分という。

 コストは海外産よりも数倍かかるが、すっきりした味わいが特徴。平塚正幸社長は「『東京産』というブランドで勝負できる。板チョコで700円~1200円程度なら採算がとれる」と話す。OEM(相手先ブランド生産)が主力の企業だが、自社ブランドで出すかどうかは今後検討する。

 カカオは新興国の需要増加で高騰しており、沖縄県や伊豆半島などで国内生産をめざす動きがある。だが、いずれも量産には至っていない。(大畑滋生)