[PR]

 米大統領選の民主、共和各党の候補者指名争いの「第2戦」となるニューハンプシャー州予備選の投票が9日午前、始まった。事前の世論調査で、民主党は左派のサンダース上院議員(74)が、共和党は実業家のトランプ氏(69)が優位に選挙戦を進めており、それぞれ初戦のアイオワ州党員集会で敗北した雪辱を果たせるかが注目される。

 ニューハンプシャー州での投票は、大半の地域で同日朝から始まった。当日夜に開票され、日本時間の10日昼には大勢が判明する見通しだ。

 民主党では、サンダース氏が、アイオワ州党員集会を僅差(きんさ)で制したクリントン前国務長官(68)をしのぐ勢いを見せており、直前の各種世論調査では10ポイント前後リードしている。

 クリントン氏は、知名度と資金力に加え、ニューハンプシャー州知事や同州出身の上下院議員らの支持を取り付け、組織固めに余念がない。これに対し、サンダース氏は貧富の格差是正などを訴え、若者を中心に草の根運動を展開。ニューハンプシャー州に隣接するバーモント州選出の上院議員だけに「地の利」を生かし、クリントン氏に一矢報いられるかが注目だ。

 共和党は、アイオワ州党員集会でクルーズ上院議員(45)に敗れたトランプ氏がニューハンプシャー州で2位に10ポイント超の差をつけてリードしている。これまでメキシコ不法移民やイスラム教徒などへの排他主義的発言で物議をかもしながらも、人気を集めてきた同氏が同州で勝利すれば、同党の「本命候補」としての足場を築くことになる。

 一方、2位争いは混沌(こんと…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら