【動画】SPEEDの今井絵里子さん、立候補表明=遠藤啓生撮影
[PR]

 ダンスボーカルグループ「SPEED」のメンバーで歌手の今井絵理子さん(32)は9日、自民党本部で記者会見し、夏の参院選比例区に自民党公認で立候補することを表明した。今井さんは沖縄県出身。聴覚障害がある長男(11)をシングルマザーとして育てている。

 会見では手話を交え、「障害をもつ子どもたちが明るい希望をもてる社会づくりをしたい」。米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非については「基地の負担を軽減したいのは共通の思いだ。沖縄の方々の声を直接聞いて、真剣に取り組みたい」と述べた。

 安倍政権が成立させた安全保障関連法については、「戦争をするためではなく、平和を守る、生活や命を守るために必要なことだ」と語った。

 昨年夏にはツイッターで「今の日本の流れ」が「どこかプチ戦争なら賛成!みたいに見える」とつぶやいていた。辺野古移設をめぐって政権と対立する沖縄の知事派県議は「政権の政策と相いれるのか」と指摘した。

 自民県連幹部は「がんばってほしい」と歓迎した。沖縄選挙区で自民は現職の島尻安伊子・沖縄北方相が立候補予定。今井さんとの連携も取りざたされるが、自民県連幹部は「2人並んでマイクを握ることはない」と話す。島尻氏は公明の支援を受け、県連は比例区で公明への投票を呼びかける方針だけに「沖縄とは関係ない」との立場だ。