山陽新幹線の発車予告音が、「ゴダイゴ」のヒット曲「銀河鉄道999」になる。全列車がとまる主要5駅で採用され、いまのブザー音から変わる。新神戸、岡山、広島、小倉の4駅ではスリー・ナインの日である3月9日から、博多駅は3月中旬から使われる。

 9日にJR西日本が発表した。曲はアニメ銀河鉄道999の映画版の主題歌で、1979年に発表された。曲を切り分けることで、乗車するホームごとに、それぞれ違うフレーズが楽しめる。

 山陽新幹線は博多までの全線開業40年を昨年迎え、様々な企画が催されてきた。発車予告音の変更は、これらの企画のラストを飾るものになるという。