東武宇都宮線の国谷駅周辺を車で移動していると、予期せぬ風景が目に飛び込んできた。住宅地の空き地にヤギが4頭。周囲に人影はなく、柵もなければ、小屋もない。「なぜこんなところにヤギが?」

 地元住民によると、空き地の近くに保育園があり、動物好きの園長が情操教育を兼ねて動物を飼育しているという。それにしても、なぜヤギは園内ではなく空き地にいるのか。気になって保育園を訪ねた。

 栃木県壬生町壬生丁の「ありんこ保育園」は1978年に開園。0歳から6歳までの園児約130人が在籍する。園内にはヤギ7頭のほか、ヒツジ3頭、アヒル2羽、鶏17羽、ウサギ17羽、犬4匹、猫1匹。餌の用意や飼育小屋の掃除など、動物の世話は園児が担っているという。

 園長の荒川富夫さん(65)は「動物と密に接することで何かを学んでほしい」と話す。30年前、荒川さんは知人から1頭のヒツジを引き取った。園内で飼ったところ、「思い通りにならないヒツジを相手に四苦八苦する園児の姿をみて、いい教育になる」と考えた。それから現在まで動物は増え続け、「まるで動物園のような保育園」になった。

 毎朝午前10時になると年長の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら