鳥取県立博物館(鳥取市)が所蔵する弥生時代中期中ごろ(紀元前2世紀)の銅剣に、サメの絵が刻まれていたことがわかった。鳥取県と奈良文化財研究所(奈文研)が10日発表した。サメを描いた弥生時代の土器や木製品は日本海側で見つかっているが、青銅器では初めて。そうした地域に「サメ信仰」が広がっていたとみられる。

 銅剣は全長約42センチで、鳥取県の収集家(故人)の遺族が26年前に博物館に寄贈した。箱書きには「鳥取県某神社伝来」と書かれているだけで、出土地は不明。奈文研が光をあてるなどして調べたところ、柄を装着する部分のすぐ上にサメの絵(長さ2・3センチ)が見つかった。流線形や二つの背びれなどの特徴から、イルカや魚ではなく、サメと判断したという。

 「因幡(いなば、鳥取県東部)の白ウサギ」の神話が示すように、古事記の昔からサメは人々になじみ深かった。絵が刻まれた弥生時代の土器や木製品は、鳥取市の青谷上寺地(あおやかみじち)、兵庫県豊岡市の袴狭(はかざ)、島根県出雲市の白枝荒神(しろえだこうじん)などの遺跡で出土している。

 今回、新県史づくりのため、調査を依頼した鳥取県立公文書館県史編さん室の湯村功専門員は、それらの遺跡では、よく似た装飾のある木製の高坏(たかつき)も見つかっていると指摘。「弥生時代の山陰には交易を通して文化的なまとまりがあり、サメをシンボル的なものとして描いたのだろう。何度も生え替わる歯やアンモニアを含んで腐りにくい肉を、再生や長寿の象徴としたのかも」と推測する。

 銅剣のサメの絵は、頭と背びれにも見える三角形がT字を作っている。古代の漁民文化を研究している島根県埋蔵文化財調査センターの内田律雄さんは、頭がT字状の「シュモクザメ」を描いたと推定。青谷上寺地遺跡の絵もシュモクザメとみる。「特異な姿をしたシュモクザメを神格化した信仰圏が、日本海沿岸を中心に広がっていたのでは」

 絵は、鋳造後に使用者が鋭い石…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら