【動画】SPEEDの今井絵里子さん、立候補表明=遠藤啓生撮影
[PR]

 今井絵理子さんが9日、自民党本部で行った参院選立候補の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 「21歳の時、息子が『聴こえない』という障害をもって生まれてきた。私は歌しか知らないで生きてきた。息子に出会い、同じ境遇のお母さんたちに出会った。障害をもつ子どもたちにも出会った。障害に関して皆さん、知らないことがたくさんある。それをまず知ってほしい」

 「お母さんたち、障害をもっている子どもたちが明るい希望をもてる社会づくりをしたい。政治は希望だと思う。息子が大きくなったとき、この国に生まれてよかったと思ってもらえるよう頑張っていきたい」

 ――なぜ、自民党から立候補するのか

 「山東(昭子・参院議員)先生から誘いを受け、山東先生の人柄や思いに共感し、決めた」

 ――普天間飛行場の辺野古移設問題を含め、沖縄の将来をどう考えるか

 「基地の負担を軽減したいということは、皆さん共通の思いだ。自分の目で見て、沖縄の方々の声を直接聞いて、真剣にとりくめたらなと思う」

 ――タレントでも発信はできる。なぜ、政治家か

 「より自分の思い、お母さん方の声を実現できる場だと思ったからだ」

 ――SPEEDの活動は今後どうするのか

 「両立させ、歌い続けていきたい。歌の力も役に立つと思う。国会に支障が出ない限り、続けていく」

 ――いつから立候補を考えていたのか。SPEEDの他のメンバーの反応は

 「(自民から打診を受けたのが)1月18日だった。ずっと考えていた。悩み、家族とも話し合った。息子や同じ境遇の子どもたちのことを思うと、何かしなければいけないと思うようになった。他のメンバーは「エリが決断したことだから、私たちは応援する」と言ってくれた。それがこの(自身の)笑顔に表れていると思う。メンバーのみんな、ありがとう」

 ――息子さんの反応は

 「『ママ、手話をたくさんの方々に広めてほしい』と言ってくれた。その言葉が(立候補を決意する)一つのきっかけになった」

 ――以前、ツイッターで安全保障関連法案に反対とも読めるつぶやきをした。真意は

 「私は沖縄出身。唯一の地上戦があって、たくさんの県民が犠牲になった。二度と戦争はしてはいけない。平和を守らなくてはいけない。しかし、平和を願うだけでは守れないのも現実だ。一昨日、北朝鮮のミサイルが飛んで沖縄の上空を通過したとき、緊張が高まった。万が一のための備えは必要だ。戦争をするためではなくて、平和を守る、皆さんの生活や命を守るために必要なことだ」

 ――沖縄選挙区選出の島尻安伊子・沖縄北方担当相と選挙でどう協力するか

「島尻先生とはまだ会ったことはない。今日立候補を決意したので、今後についてはみなさんと相談して進めていきたい」