大阪、京都、兵庫3府県で10日、私立高校の入試が始まった。各府県の私学団体によると、出願締め切り直前の平均倍率は、大阪3・33倍、京都3・5倍、兵庫3・83倍。約14万人が試験に臨む。

 大阪市旭区の常翔学園には、約1400人が出願。午前8時ごろ、塾関係者らが見守る中、制服姿の受験生が続々と到着し、教室内で参考書を読んだりお茶を飲んだりして試験開始を待った。午前8時50分にチャイムが鳴ると、一斉に問題用紙をめくり、緊張した面持ちで国語の問題を解いていった。