[PR]

 愛媛県立宇和島水産高校の実習船えひめ丸がハワイ沖で米原子力潜水艦に衝突されて沈没し、9人が亡くなった事故から10日で15年になった。宇和島市の同校では、遺族や在校生ら約300人が参列し、犠牲者を追悼した。

 事故は2001年2月10日(現地時間9日)に発生した。えひめ丸はハワイ沖を航行中、急浮上してきた米海軍の原潜グリーンビルに衝突され、沈没。乗員35人のうち、実習生4人、指導教官2人、乗組員3人の計9人が犠牲になった。

 追悼式では、事故が起きた午前8時43分、海底に沈んだえひめ丸から引き揚げられた鐘を犠牲者数と同数の9回鳴らし、1分間の黙禱(もくとう)をささげた。田上和昭校長は9人の名前を一人ひとり読み上げ、「えひめ丸には全く落ち度のない理不尽な事故だった。憤りと悔しさ、苦しさは今も変わらない。絶対に風化させてはならない」と述べた。その後、参列者は慰霊碑に花を手向けた。

 式典後、同校の海洋技術科2年、中川幸崇君(17)は「事故のことを後世に引き継いでいくことが大事。亡くなった9人の分も必死に勉強し、安全な航海をしていきたい」と話していた。(佐藤英法、宮田裕介)