[PR]

 防衛省南関東防衛局によると、山梨県山中湖村で9日午後3時ごろ、飛行中の米軍キャンプ座間(神奈川県)所属のヘリコプターからアクリル製の窓が民有林に落下した。住民や建物などの被害は確認されていない。窓は米軍が回収したという。

 防衛局などによると、窓は60センチ四方で厚さ4~5ミリ。重さは不明で、東富士五湖道路山中湖インターチェンジそばの民有林に落下した。米軍から連絡を受けて防衛局が県に連絡した。

 落下場所の近くには陸上自衛隊北富士演習場があり、県によるとこの日は米軍の航空機の訓練が予定されていた。だが、ヘリの訓練の通知はなかったという。県は「今回はたまたま被害がなかった。米軍には再発防止を求める」としている。