[PR]

 ファミリーレストラン「ガスト」などを運営する外食大手すかいらーくが10日発表した2015年12月期決算は、純利益が前年から59・6%増の151億円となり、過去最高を更新した。低価格と高価格を使い分けたメニュー戦略や、専門店の強化が奏功した。

 売上高は前年比3・3%増の3511億円、営業利益は28・5%増の278億円だった。業績を押し上げたのは前年より3・3%増えた客単価だ。ガストでは、フォアグラを使ったハンバーグやカットステーキなど高めの商品が人気だった。一方で、広島県産カキフライやチーズ入りハンバーグをいずれも税抜き399円のフェア価格で提供するなど、節約志向の顧客向けのメニューも用意し、客数の減少幅を縮めた。

 また、多様なメニューをそろえるファミレスよりも、専門店の新規出店やファミレスからの業態転換に力を入れる。15年はしゃぶしゃぶ専門店「しゃぶ葉」を52店から84店に、焼き肉店「じゅうじゅうカルビ」は44店から51店にそれぞれ拡大。全国3千店の約半数がすでに専門店になった。

こんなニュースも