[PR]

 2018年平昌五輪の出場権をかけたアイスホッケー男子五輪1次予選は11日、札幌市で始まった。日本(世界ランク20位)はクロアチア(同27位)と対戦し、3―0で勝った。

 日本は第1ピリオド(P)、シュート10本を放ちながら無得点と攻めあぐねたが、第2P、ゴール前の混戦から大沢勇斗(王子)が押し込んで先制。第3Pは大沢と田中豪(東北)が立て続けにゴールを決め、突き放した。

 もう1試合は、ウクライナ(同21位)がルーマニア(同28位)を3―0で下した。予選は4カ国の総当たりで行われ、1位のみが9月の最終予選に進む。

こんなニュースも