[PR]

 米上院は10日、北朝鮮が核実験や事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行したことを受け、米国独自の制裁法案を全会一致で可決した。核・ミサイル開発などに関係する材料や鉱物資源、ぜいたく品の取引にかかわった第三国の企業も制裁対象とするのが特徴だ。最も取引が多い中国企業を念頭に置いており、中国が北朝鮮を支援しないよう促す狙いもあるとみられる。

 法案は、北朝鮮が核・ミサイル開発のための外貨を得にくくする目的がある。制裁を通じて北朝鮮に圧力を加え、朝鮮半島の非核化に向けた交渉の場に北朝鮮を復帰させることをめざす。

 採択では、出席した共和、民主の上院議員96人全員が賛成。メネンデス議員(民主)は「今こそ北朝鮮に厳しい対応を取るべき時で、効果的な制裁の枠組みに向けた重要な一歩を踏み出した」と法案を提案した理由を語った。この法案は、同様の独自制裁法案を先月可決した下院と調整した後、オバマ大統領の署名を経て成立する。

 法案が禁止するのは、①核・ミ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら