[PR]

 「建国記念の日」の11日、記念日に賛成・反対それぞれの立場の集会が東京都内で開かれた。夏の参院選を意識し、賛成派集会では自民党の国会議員らが憲法改正に前向きな発言を繰り返した一方、反対派集会では改憲に向けた動きへの危機感が語られた。

 神社本庁など保守系団体でつくる「日本の建国を祝う会」が明治神宮会館で開いた式典には約1200人(主催者発表)が参加。来賓として登壇した自民党の高村正彦副総裁は「党是である憲法改正について正々堂々と訴え、改正に向け筋道をつける」と語った。

 同党の山谷えり子参院議員や、おおさか維新の会の江口克彦参院議員らも憲法改正を主張。安倍晋三首相が前日に発表した「建国記念の日がさらなる日本の繁栄を希求する機会となることを希望する」とするメッセージも披露され、「建国の精神に思いを致し、憲法改正という大事業へ立ち上がる」とする決議が採択された。

 旧総評系労組や平和団体でつくる「フォーラム平和・人権・環境」が日本教育会館で開いた集会「憲法と『建国記念の日』を考える 2・11集会―『個人より国家』を私たちは許さない!」には約350人(主催者発表)が参加した。

 2月11日は戦前は「紀元節」と呼ばれていた。集会の呼びかけには「紀元節復活反対」という文言も。改憲派の活発な動きを意識し、福山真劫(しんごう)・同フォーラム代表は「昨年の安保法制の戦いを上回る大衆運動を作り、安倍政権の暴走を止めよう」。藤本泰成事務局長は「(憲法改正の)国民投票になっても絶対に負けない気概をもって戦おう」と訴えた。(小林恵士、藤生明)