11日のニューヨーク商業取引所は、原油先物相場が6営業日連続で下落した。原油取引の国際指標となる「米国産WTI原油」の先物価格は、前日より1・24ドル(4・5%)安い1バレル=26・21ドルで取引を終えた。一時は1バレル=26・05ドルまで値下がりし、2003年5月上旬以来約12年9カ月ぶりの安値水準をつけた。

 世界経済の減速によって原油の需要が減り、供給が過剰になることへの懸念は根強く、原油先物の売りに歯止めがかかっていない。ここにきて、好調とみられていた米国経済の減速も意識されており、原油需要はしばらく回復しないという見方が増え、売りに拍車がかかった。(ニューヨーク=畑中徹)

こんなニュースも