【動画】記者会見で議員辞職を表明する自民党の宮崎謙介衆院議員=竹花徹朗撮影
[PR]

 国会議員として育休を取る考えを表明した後に、週刊誌「週刊文春」で不倫疑惑を報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が12日、国会内で記者会見し、不倫の事実を認めて議員辞職する意向を表明した。「私の不適切な行為により、多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」と謝罪した。

 宮崎氏は「自分が主張してきたことと、軽率な行動のつじつまが合わない。深く反省し、議員辞職する決意を固めた」と説明。男性の育休推進を訴えながら、不倫をしていたことについては「男性の育休を真剣に考えてくださった方々に深くおわび申し上げる」と頭を下げ、「私に論じる資格はないが、男性の育児参加の流れが止まらないことを願う」と述べた。

 宮崎氏は昨年末、妻の金子恵美衆院議員(37)=自民、新潟4区=の出産に伴い、育休を1カ月程度取る考えを表明。「男性の育児参加を推進したい。1億総活躍社会のためにも働く女性をサポートしていきたい」と語っていた。だが、金子氏が男児を出産した5日後に発売された週刊文春で、宮崎氏が金子氏の出産直前に、地元・京都の自宅に女性タレントを泊めたと報じられた。党内外から批判が殺到し、党側は離党も促していた。

 下村博文・党総裁特別補佐は「やむを得ない判断だ。政治家は選良として振る舞う必要がある。(政権への)ダメージはある」と記者団に語った。

 宮崎氏が3月15日までに辞職した場合、衆院京都3区補選は、衆院北海道5区補選と同じ4月24日に実施される。