[PR]

 三菱航空機が手がける国産初のジェット旅客機MRJの開発費が、当初予定の2倍を超える3300億円程度まで膨らむ見通しになった。親会社、三菱重工業の資料から分かった。開発の遅れで人件費や改修費などがかさむためで、新たな受注を急ぐ。

 開発を本格化させた2008年当時の見込みは1500億円。その後、設計の変更や試験計画の見直しで昨春までに3千億円近くに膨らみ、さらに今月には3300億円程度に増えた。開発費の一部は国も負担している。

 三菱航空機は昨年12月、主翼の付け根の補強などのため、納入開始の時期を従来の17年春から18年半ばに先送りした。当初計画の13年からだと5年ほどの遅れとなり、人件費などが膨らむと判断したもようだ。

 MRJが参入する小型ジェット…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら