[PR]

 関西電力は12日午後、廃炉を決めている美浜原発1、2号機(福井県)について、計画の認可を原子力規制委員会に申請する。作業の終了時期は約30年後の2045年度とした。同日午後1時、福井県に今後の工程などを事前に報告した。

 日本原子力発電も同日午後に、敦賀原発1号機(福井県)の廃炉の計画認可を申請する。作業の終了時期は約24年後の39年度の見込みだ。

 関電の美浜1号機(出力34万キロワット)は1970年、2号機(50万キロワット)は72年に営業運転を開始している。日本原電の敦賀1号機(35万7千キロワット)は70年の開始だ。福島の事故後の新しい規制基準では、原発の運転期間を「原則40年」と設定。関電と日本原電はこれらの原発の出力が比較的小さく老朽化も進んでいたため、昨年3月に廃炉を決めていた。

 国内の原発では福島事故後に、九州電力玄海1号機(佐賀県)、中国電力島根1号機(島根県)も廃炉が決まっている。九電は昨年12月に、玄海1号機の廃炉計画の認可を申請している。