羽田空港の発着枠をめぐる日米航空交渉が16日から2日間の日程で、東京で開かれることになった。合意すれば、この秋にも昼間発着する米東部への直行便が実現する見通しだ。当初、9日から予定されていたが、米政府内の調整に時間がかかり、延期されていた。

こんなニュースも