[PR]

 義足メーカーの今仙技術研究所(岐阜県各務原市)が、国産初の義足用スパイクをミズノ(大阪市)と共同開発した。他メーカーの義足にも取り付けられる。競技以外の時にかぶせる専用カバーも開発し、使いやすくした。今年のリオデジャネイロ・パラリンピックでの採用を目指している。

 2008年の北京パラリンピック走り幅跳びの銀メダリスト、山本篤選手(33)から助言を受けながら、1年がかりで開発した。「スタート時に力が入りやすいように」との要望を受け、ピンは健常者のスパイクよりも、つま先側に配置した。

 海外製のスパイクは義足との一体型が主流で、価格も50万円程度と高価だ。手持ちの義足に、スパイクシューズの底(ソール)を切り取って貼る選手も多かった。そこで、どのメーカーの義足にも取り付けられるようにした。ミズノのナイロン樹脂のソール素材を使って軽量化し、海外製の約3分の2の軽さの約60グラムに抑えた。

 さらに、スパイク付きの義足を脱がずにトイレなどのスパイク禁止エリアに行けるよう、サンダル状の専用カバーも開発した。ピンを覆うように靴底に取り付けて固定すれば、ウォーミングアップのジョギングなどにも使える。

 山本選手の場合、かつてはアッ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら