ロッテホールディングスの副会長を昨冬解任された創業者の長男、重光宏之氏が12日、近く同社に臨時株主総会の開催を求める考えを明らかにした。次男の昭夫氏ら取締役8人のうち創業者の武雄氏を除く7人の解任と、自身ら2人を新たな取締役とする株主提案を出す。議案を通すには過半数の議決権が必要だが、宏之氏側が持つのは約3割。従業員持ち株会などの協力を得たいとしている。

こんなニュースも