トヨタ自動車労働組合(組合員約6万8千人)は12日、2016年春闘の要求を正式に決めた。賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)は組合員平均月3千円、一時金(ボーナス)は年7・1カ月分(約258万円)。満額回答なら、一時金は過去最高の水準となる。17日に経営側に申し入れる。

 定期昇給にあたる賃金制度維持分月7300円に加え、ベアにあたる賃金制度改善分月3千円を求める。ベアは15年春闘での要求(月6千円)の半額。鶴岡光行委員長は記者会見で消費者物価が横ばいだと指摘し、「経済環境は昨年春闘と全く違う」と述べた。

 一方、一時金(ボーナス)は15年春闘での要求(6・8カ月分)から0・3カ月分積み増した。ベアと併せて満額回答なら258万5千円弱。過去最高の07年春闘(258万円)に並ぶ。16年3月期の営業利益が2・8兆円になる空前の好業績の還元を求める。

こんなニュースも