[PR]

 昨年2月の夜。東北地方の雪深い地域で木造2階建ての民家が全焼し、夫(当時82)と妻(同86)が遺体で見つかった。2人暮らしで、ともに認知症だった。

 警察や消防は、火元は居間の「豆炭(まめたん)こたつ」とみる。火を付けた豆炭を容器に入れてセットするのが正しいのに、こたつ布団の中に置いてしまった可能性があるという。

 近所の人の話では、夫婦は兼業農家だった。ともにきちょうめんで、部屋の中は片付いていた。夫は社交的で、ゲートボールが趣味。冬は朝刊の配達に来た人が困らないよう、早朝から雪かきをしていたという。

 妻は約8年前、夫は約5年前から認知症の症状が出始めた。室内では線香が掛け軸のすぐ前に供えてあることもあった。親戚やヘルパーが支援。夫が外出して行方がわからなくなると、近所の人も協力して捜した。

 近くに住む女性は「ごみの出し方がわからないようだった。家の前でごみを燃やしていて、危ないなと思っていた」と話す。

 家には県社会福祉協議会が高齢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら