[PR]

 維新の党の松野頼久代表は12日の記者会見で、民主党との合流が実現しない場合、衆院の統一会派を解消する方針を示した。統一会派結成時の合意文書に「両党の結集も視野」との文言があるため、松野氏は「(合流話が)なくなれば、統一会派は解消するべきだ」と語った。民主に対して「新党か統一会派解消か」の二択を迫ることで、難航している協議を促進させる狙いがある。

こんなニュースも