[PR]

 14日はバレンタインデー。チョコレートを介して女性から男性への好意を示す日ですが、ペンギンの世界でも「恋の季節」。東京スカイツリータウンにあるすみだ水族館(墨田区)では、飼育するマゼランペンギン48羽が織りなすラブストーリーを紹介しています。

■1年越しで成就、恋人未満やきもき

 マゼランペンギンは主に南アメリカ南部の沿岸に分布。つがいの絆が強く、長く連れ添うことで知られる。同館でペンギンを担当する飼育員11人は毎日5回の情報共有を習慣づける。健康管理のためだけでなく、ペンギンプールを見ている来館者に、日々のホットな話題として提供するためだ。

 つがいでいる場面が目立つオスとメスがいると、「寝てる時も一緒だった」「羽づくろいをしていた」と、親密になる過程を同時進行で把握。「カップル」と認定するたび、来館者にも紹介してきた。

 クリスマス、バレンタイン、ホ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら