[PR]

 英国の日刊紙「インディペンデント」が廃刊されることになった。12日、オーナー傘下のESIメディアが発表した。部数が低迷し、日曜版とともに3月下旬に約30年の歴史に幕を閉じる。デジタル版の発行は続けられる。

 発表によると、インディペンデント紙の最終発行は3月26日、日曜版が同月20日となる予定。また、ダイジェスト版ニュースを掲載する姉妹紙「i(アイ)」は、英国の別のメディア企業ジョンストン・プレス社に2400万ポンド(約40億円)で売却されることになった。

 インディペンデント紙は1986年創刊。保守、労働の2大政党から距離を置くリベラル紙として存在感を示した。04年に英国の高級紙として初めてタブロイド判に移行。斬新なレイアウトで知られ、昨秋、波打ち際に横たわるシリア難民の幼児の遺体写真を1面に掲載し、論議を呼んだ。(ロンドン=渡辺志帆