世界の株安の連鎖はひとまず止まった。12日のニューヨーク株式市場は、米原油先物相場の急上昇などを受けて、大企業で構成するダウ工業株平均が6営業日ぶりに大幅反発した。終値は前日より313・66ドル(2・00%)高い1万5973・84ドル。欧州の主要株式市場も値上がりした。

 12日のニューヨーク商業取引所は、国際指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が前日比3・23ドル(12・3%)高い1バレル=29・44ドルで取引を終了。石油輸出国機構(OPEC)加盟国が協調減産するとの観測が広まり、買い注文が殺到した。株式市場はこれを好感、運用リスクをとって、株を買う動きにつながった。

 米商務省が12日発表した1月の小売り売上高が市場予想を上回り、米国経済の先行き懸念が薄らいだことも下支え要因になった。

 ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は、前日より70・67ポイント(1・66%)高い4337・51で取引を終えた。

 欧州でも、大手銀行の業績悪化懸念が和らぎ、12日の主要市場は軒並み上昇した。ただ、市場関係者の間には「週明けの中国の株式市場の動きが重要だ」(米投資会社)との見方がある。(ニューヨーク=畑中徹)