[PR]

 米大統領選の共和党候補者指名争いで、元バージニア州知事のジム・ギルモア氏(66)が12日、選挙戦からの撤退を表明した。得票数はアイオワ州党員集会、ニューハンプシャー州予備選のいずれも主要候補の中で最下位だった。これで共和党の主要候補者は6人に絞り込まれた。

 同氏は今後について「企業の自由な経済活動を重視する共和党員が次期大統領になり、我が国を偉大な国家に再建するため、私もできることをすべてやっていく」とフェイスブックで宣言した。(ニューヨーク=金成隆一

こんなニュースも