[PR]

 第9回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の準決勝と決勝が13日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで指され、羽生善治名人(45)が決勝で森内俊之九段(45)を120手で破り、3年連続通算5回目の優勝を果たした。優勝賞金は1千万円。

 公開対局の準決勝・決勝には約480人が来場。準決勝で羽生名人は村山慈明(やすあき)七段(31)を破り、森内九段は戸辺誠六段(29)に勝って決勝へ進んだ。

 決勝は、「永世名人」の資格をもつトップ同士の好カードが実現。ファンが何重にも取り囲んで対局を見守った。互いに玉を金銀でがっちり囲う「相矢倉」の戦いは、じっくりした序盤戦から一転、激しく駒がぶつかり合う中盤戦に突入。最後は森内九段の攻めをしのいだ羽生名人が反撃に転じて勝ちきった。終了図から▲8七玉△7八銀左不成▲7七玉△6五桂打以下、先手玉は詰み。

 羽生名人は今期、朝日杯と同じ持ち時間の短い棋戦で初戦敗退が続いていた。朝日杯3連覇を果たし、早指し戦での健在ぶりを示した。解説の山崎隆之八段は「羽生世代が若手に力を見せつけた形。決勝は、最後まで力のこもった攻防が続き、見応えがあった」と話した。(深松真司)

     ◇

〈羽生名人の話〉 今期は早指し戦で結果が出せていなかったので、優勝できて素直にうれしいです。今後の大きな励みになりました。

〈森内九段の話〉 最後にチャンスが来たかなと思ったが、いい手を見つけられなかった。でも、決勝まで来られてよかったです。

こんなニュースも