[PR]

 南から暖かく湿った空気が入り込んだ影響で、13日の日本列島は気温が上昇した。14日も全国的に平年より気温の高い状態が続くが、低気圧の接近で風が次第に強まる見込みだ。気象庁は山沿いなど積雪の多い所では、なだれなどに注意を呼びかけている。

 東京都心では13日午後1時半ごろ、気温が21・8度まで上昇、5月上旬並みの陽気になった。仙台市で15・7度、横浜市で20・3度、長野市で15・0度、大阪市で18・1度、宮崎市では22・4度などと4月上~下旬並みの気温だった。高松地方気象台は同日、四国地方で強い南風「春一番」が吹いたと発表した。

 14日にかけて日本海で急速に発達する低気圧の影響で全国的に風が強まり、関東地方などでも春一番が吹く可能性もある。最大風速は関東甲信、北陸、近畿、中国地方で20メートルに達する見込み。強風が予想され、全日本空輸は羽田発着便を中心に14日の計50便の欠航を決めた。

 15日以降は再び冬型の気圧配置となり、平年並みの寒さが予想される。(鈴木逸弘、中田絢子