[PR]

 自民党の茂木敏充選挙対策委員長は13日、宇都宮市での会合で、「育休宣言」をした宮崎謙介衆院議員が不倫問題で辞職願を出したことに伴う京都3区補選について「自民党がすぐに候補者を選ぶ、先に行動する、というより、まずは謹慎だ」と述べ、候補者の擁立について慎重に検討する考えを示した。

 茂木氏は会合後、記者団に「国民が今回の件をどう受け止めたのか、まずは、しっかりと見極める。最終的な対応を決めているわけではないが、慎重な対応が必要だ」とも語った。

こんなニュースも