[PR]

 スピードスケートの世界距離別選手権第3日は13日、ロシア・コロムナで女子団体追い抜きがあり、昨年の同大会で優勝した日本は押切美沙紀(富士急)、高木菜那(日本電産サンキョー)、高木美帆(日体大)で臨み、2分58秒31で銀メダルだった。オランダが2分58秒12で金メダルに輝いた。(コロムナ)

こんなニュースも