[PR]

 米連邦最高裁判事のアントニン・スカリア氏が13日、滞在先のテキサス州で死去しているのが見つかった。79歳だった。AP通信などが伝えた。

 スカリア氏はレーガン元大統領に指名されて1986年に就任して以来、最高裁判事を務めてきた。保守派を代表する論客で、個人が自己防衛のために銃を所持する権利を認めた訴訟や、企業の政治献金の上限撤廃につながった訴訟などで、多数意見に加わった。一方、オバマ大統領による医療保険改革の合法性を認めた訴訟や、全米で同性婚の権利が認められた訴訟では反対意見を述べた。

 9人の判事から構成される最高裁は現在、保守派とリベラル派に分かれており、重要訴訟が5対4で決着することが多い。オバマ大統領がスカリア氏の後任を指名した場合、最高裁の今後の方向性にも大きく影響する。一方、指名には共和党が多数を占める上院の承認が必要で、議論が起きるのは必至。秋の大統領選に向けても、後任選びが大きな論点となりそうだ。

 テキサス州の地元紙によると、スカリア氏は12日から同州のリゾートに滞在していた。13日朝に起きて来なかったため、リゾートの関係者が確認したところ、死去しているのが見つかったという。死因は明らかにされていないが、自然死の模様という。(ニューヨーク=中井大助