[PR]

 日本の新幹線方式の導入が決まったインドの高速鉄道計画を巡り、日印両政府による初の合同委員会が14日、インド西部ムンバイで開かれた。日本からは和泉洋人・首相補佐官や国交省、外務省の幹部らが出席した。インド側からはパナガリヤ行政委員会副委員長や鉄道省幹部らが出席した。資金協力や人材育成などについて協議し、5月をめどに第2回会合を開くことで一致した。

 日印は昨年12月にニューデリーで開かれた首脳会談で、ムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)での新幹線方式の高速鉄道導入で合意した。日本は総事業費9800億ルピー(約1兆8千億円)の最大81%で低利の円借款を供与するほか、新幹線の建設や運営を担当する人材の育成などでも協力することを決めている。(ムンバイ=貫洞欣寛)

こんなニュースも