[PR]

 北陸3県と神奈川県の焼き肉チェーン「焼肉酒家(ざかや)えびす」で2011年、ユッケを食べた客が食中毒となり計181人が発症、うち5人が死亡した事件で、富山県警や警視庁などの合同捜査本部は15日、店の運営会社フーズ・フォーラス(金沢市、特別清算手続き中)の元社長(47)と肉の卸元の大和屋商店(東京都板橋区)の元役員(41)を業務上過失致死傷容疑で富山地検に書類送検した。

 同捜査本部の発表によると、2人の書類送検容疑は、牛肉への細菌の付着を防いだり除菌したりする措置を怠り、大和屋が出荷した牛肉を「えびす」で11年4月に提供して客に食中毒症状を生じさせ、富山県の4人、福井県の1人の計5人を死亡させ、82人を負傷させたというもの。ただ、同捜査本部は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けなかったとみられ、捜査幹部によると不起訴となる見通し。

 捜査関係者によると、除菌のため肉の表面を削り取る「トリミング」を両社とも実施していないなどずさんな衛生管理が判明したが、普段からトリミングしていなかったのに、なぜ特定の店で、特定の時期に食中毒が起きたのかを十分に解明できず、過失を問うのが困難だったとしている。

 この食中毒を巡っては、民事訴…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら