神戸空港が16日、開港10年を迎える。神戸市が建設・運営を担ってきたが、開港当初に設定された発着便数や運用時間の規制は、10年たっても変わらず、利用客数も横ばいが続く。市は4月にスタートする関西、大阪(伊丹)両空港の一体運営に加わろうと関係者への働きかけに本腰を入れ始めたが、先行きは見えない。

■地元密着アピール

 「私たちが作ったスイーツです。神戸のお土産にして下さい」。13日、神戸空港の出発ロビーで開かれた開港10年の記念イベントで、スカイマークの客室乗務員らが、飛行機型のサブレやクッキーを披露した。バレンタインデーに合わせ、神戸市内の洋菓子店など5店と協力して製造。14日まで空港で販売する。

 神戸発着便の約7割を占めるスカイマーク。今月から、出発機の見送りに「祝神戸空港開港10周年」の看板を掲示し、地元密着をアピールする。

 昨年1月、同社は経営破綻(はたん)を招き、経営陣が総入れ替えに。全日空の支援を受け、羽田便などのドル箱路線に便を集中させて経営を立て直した。新たに就任した市江正彦社長は「神戸の航空会社になりたい」と明言。昨夏には神戸商工会議所に入会した。

 2010年度に経営難で日本航空が撤退した際、神戸空港の利用者は過去最低を記録。スカイマークが増便して穴埋めしたが、以来「神戸空港の経営はスカイマーク次第」(神戸財界幹部)だ。市江社長は「次はぜひ国際線を」と期待するが、神戸は当初から国内線専用。発着数は1日30往復まで、運用時間は午前7時~午後10時と国が規制している。

 航空自由化が進む中で残る神戸の規制について、国土交通省幹部は「関空建設をめぐるボタンの掛け違い」と説明する。

 関空の建設地を決める際、国は当初神戸市沖を打診したが、騒音問題を理由に当時の市長が拒否。1974年に泉州沖に決まったが、神戸市は80年代に入って空港建設を独自に進めた。これに大阪府や関空周辺自治体が反発。神戸開港前の2005年、大阪府や神戸市などが参加した会議で現在の規制が決まった。

 現在、発着数はほぼ上限に達し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら