[PR]

 インターネット上で公開されているヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)の動画が人権侵害にあたるとして、法務省がサイトの運営者に削除を要請し、一部が応じたことがわかった。ヘイトスピーチを撮影した動画が削除に至った初めてのケースという。

 法務省によると、対象となった動画は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーが2009年11月に、東京都小平市の朝鮮大学校前で行ったヘイトスピーチ。「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと大声を上げる映像を、動画配信サイト「ニコニコ動画」などで公開していた。法務省は昨年12月に削除を求め、ニコニコ動画など複数のサイトが削除に応じたという。

 在特会に対しては、法務省が昨年12月、今回削除を求めたケースを含む過去3回のヘイトスピーチについて、人権侵害にあたると認定。同様の行為をしないよう桜井誠・前会長に勧告していた。