[PR]

 3月26日の北海道新幹線開業を控え、青函トンネル(約54キロ)で16日未明、2度目の避難訓練があった。9日の初回の訓練では、救援の列車が停電で立ち往生したが、今回はトラブルはなく、故障した車両から救援列車に乗客が直接乗り移る手順などを確認した。

 訓練は午前1時に始まった。新幹線が故障で緊急停止し、避難施設などを備えた旧海底駅に行けない想定で実施した。別の新幹線を救援列車として横付けし、約90センチのすき間に幅45センチのアルミ製の板を渡し、乗客役のJR北海道の社員ら約35人が直接乗り移った。

 青函トンネルの異常時には、新幹線はトンネル外に走り抜けるか旧海底駅で停止するのが原則だが、途中停車した場合も想定し、水深140メートルの海底のさらに百メートル下の最深部付近で訓練した。JR北によると、二つある旧海底駅以外のトンネル内で列車を止めた訓練は、今回が初めてという。

 初回の訓練では、乗客を乗せた救援列車が逆方向に引き返す際、JR北の新幹線運行管理センターの職員が緊急時の手動操作を誤って停電が発生。車両が約20分立ち往生した。今回は乗客を乗せた救援列車がそのまま進行方向に向かい、手動の操作はなかった。

 訓練を視察したJR北の田畑正信常務は「渡り板を使った新幹線特有の訓練。車両同士の位置が少しでもずれると安全な避難ができないが、今回はピタリと止まることができ、訓練を積み重ねていることがよく分かった」と話した。(上地兼太郎)