[PR]

 押し花やプリザーブドフラワーのレンタル事業で配当を受けられるとうたい、東京都内の会社社長らが現金をだまし取ったとされる事件で、警視庁は15日、押し花制作会社「フラワーライフ」(東京都渋谷区)顧問の住所不詳、柳雅人容疑者(57)を詐欺容疑で指名手配し、写真を公開した。

 生活経済課によると、柳容疑者の手配容疑は2012年4月~14年4月、女性3人に対し、押し花などの貸し出し用商品を購入すれば、貸し出し事業の収益の配当を受け取れると偽った説明をし、計約8900万円をだまし取ったというもの。同課は1月、同社の女性社長ら2人を詐欺容疑で逮捕し、柳容疑者の行方を追っていた。

 社長や柳容疑者は「貸し出し用商品の購入額の5~6%が配当として毎月得られる」などと説明していたというが、同課は貸出先の実体はなかったとみている。同社は主婦らに高配当を約束して事業への出資を募り、約7年間で約60億円を集めていたという。