[PR]

 4月にスタートするNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、高畑充希演じるヒロインの“魂のパートナー”の役として唐沢寿明が出演する。NHKが15日、会見で発表した。

 作品は、ヒロインの常子が生活雑誌「あなたの暮し」を立ち上げて戦後の日本を生きてゆくストーリー。唐沢が演じる花山は創業メンバーの編集長で、常子と共に雑誌を成長させていく役どころだ。

 会見で唐沢に「朝ドラのヒロインとは?」と尋ねると、「28年前、ウチの奥さん(山口智子)にちょっかいを出した作品(「純ちゃんの応援歌」)のときに、近くで見ていたけど大変。ずっと働いてますから。撮影、取材、イベント……」と振り返り、「人生が一変するぐらいに知名度が上がって、女優としての第一歩を築ける。高畑さんは、もっと幅広い人に知られていくと思う」とエールを送った。